生活自律の総合サポート マイウエイ協会

◆報 告
新宿区立西新宿シニア活動館 
「元気になる終活講座〜エンディングノートの書き方〜」講座

日  時 : 平成25年8月22日 午前10時〜12時
場  所 : 新宿区立西新宿シニア活動館 1階活動室1     
   (新宿区西新宿4-8-35)
テ ー マ : 「元気になる終活講座〜エンディングノートの書き方〜」
講  師 : 櫻井清一 ファイナルステージ総合プロデューサー
アシスタント : ファイナルステージコーディネーター 若井武志
監  修 : 尊厳カウンセラー 安達文子
参 加 者 : 30名(50才以上の新宿区在住の方)


 会場の西新宿シニア活動館は、区内に在住の50歳以上の方が、集会や娯楽、また、ボランティアなどの 社会貢献活動の場として活用できる施設です。新宿区内に同様のシニア活動館がここを含めて4館あります。



今回の講座は、もはや日常語となった「終活」でとっても大切なポイントとなるエンディングノートについて、 NPO法人マイウエイ協会で独自に制作した「マイウエイノート」を使い 普段の健康管理から始まり、 最期の過ごし方、そして見送り方、その後の相続迄の事を大切な人へいかに気持を託すことが 出来るかの解説を行いました。また、実際にこのノートを書かれ、終末医療、看取られ方、見送り方、 相続等、 をマイウエイ協会でサポートをさせていただいたお話をしました。

講座レジュメ

・ 人生最期まで家族に迷惑をかけないで元気にくらしたいですね
・ こんな話をよく聞きませんか?
・ 実際におこっていることです
・ 病気、介護、終末期、臨終、見送り、相続等それぞれの窓口であなたやご家族が決めなくてはならないことがあります
・ 自分を見つめ まず書くことから新しい人生を!〜医師が中心になって作りました「マイウエイノート」
・ 「マイウエイノート」とは、自分で持ち歩ける自分のカルテ+事前指示書(リビングウィル含む)+エンディングノート(遺言書にもつなげる事ができる)
・ 大切なこと
・ エンディングノートを書いている、書いてみたい人に、その内容を尋ねたところ?
・ エンディングノートを書く理由としては?
・ 「マイウエイノート」記入例 Aさん40代女性ケアマネージャーさんの場合
・ イメージが浮かばないAさん
・ マイウエイノートからAさんの大切にしていることを探してみる
・ マイウエイノートから見つけたAさんの大切にしていること
・ Aさんの大切にしていることからマイウエイノートを考えてみる
・ 終末期の医療、介護どうするか?見送りをどうするか?財産相続をどうするか?最終的に決めるのはあなたとご家族です
・ マイウエイノートを書くことで不安を安心に変えすてきな人生を生きるMさんの例
・ Mさんの問題 マイウエイノートを書いてもらう
・ マイウエイ協会に相談してみてのMさんマイウエイノート
・ Mさんがマイウエイノートを書いたことで万が一の時の準備をすることかでき今は、イキイキと毎年必ず一回は海外旅行を楽しみ、動けなくなるまでは一生懸命仕事をされる日々を送られています。



講習は、募集人数を上回り多くの方がエンディングノートに関心を持たれている様子がうかがえました。終活やエンディングノートの言葉から、その事を考えることが人生おしまいと考えていらっしゃる方もまだ多数いらっしゃいますが、特にエンディングノートでは、書くことで今までの人生を振り返ることができ、これからの人生を最期までいかに豊かに生きるかを考える大切なチャンスと思います。今後も第二第三弾の講座を開く予定です。皆様のご参加をお待ちしております。


◆このホームページに掲載されている内容を無断で転記転載する事を禁じます。


「マイウエイ協会のあゆみ」へ戻る

トップページに戻る
 Copyright (C) 2006 MyWayAssociation  All rights reserved.